防護服の重要性

JIS T 8115とは?

JIS(Japanese Industrial Standard)の正式名称は「日本工業規格」です。
これは国が定めた工業規格で、製品を使用するユーザーが、製品の品質・性能・安全性が確保できている工業製品を選択し、使用するために必要な項目を定めたものです。
その中で、アゼアスが扱う化学防護服に対するJIS規格は、JIS T 8115になります。「JIS T 8115」のアルファベットは分野を表し、「T」は「医療安全用具」の分類に属しています。
<参考> 日本工業標準調査会ホームページ

JIS規格による化学防護服の分類(JIS T 8115:2015)

JIS T 8115では、対象とする危険物質や防護服の構造に応じて、化学防護服を複数のタイプに分けて規定しています。その各々のタイプごとに素材と構造上のバリア性能について、「透過」や「浸透」などの試験を行うことを要求しています。

JIS規格による化学防護服の分類(JIS T 8115:2015)
気密服気密服 タイプ1a 自給式呼吸器内装形気密服
タイプ1b 自給式呼吸器外装形気密服
タイプ1c 送気形気密服
密閉服 タイプ2 陽圧服
タイプ3 液体防護用密閉服
タイプ4 スプレー防護用密閉服
タイプ5 浮遊固体粉じん防護用密閉服
タイプ6 ミスト防護用密閉服
部分化学防護服 タイプPB (3) 液体防護用部分化学防護服
タイプPB (4) スプレー防護用部分化学防護服
タイプPB (6) ミスト防護用部分化学防護服

アゼアス®防護服性能一覧表

JIS T 8115:2015年適合版への製品切り替えを順次行っております。製品により切り替え時期が異なりますのでご注意ください。
「JIS T 8115:2015適合についてのご案内」 2017年3月

■JIS T 8115:2015適合品 試験結果一覧
印刷用データはこちらからダウンロードしてください
■JIS T 8115:2010適合品 試験結果一覧
印刷用データはこちらからダウンロードしてください